RPで試作しませんか?

RPとは「Rapid Prototyping」のことで、訳すと“短期試作”となります。

3Dデータから専用機器を使って、短期で造形する技術の総称で、光造形がメジャーでしたが、最近では粉末造形や3Dプリントも有力です。いずれの工法も、積層方式が基本です。積層方式はアンダーカット形状の再現や一体加工ができることが特長ですが、その反面として強度面で脆いことや積層目が残ることが弱点ともいえます。

工期・価格面については、形状が小さめで数量が少なければ、樹脂切削加工で試作品を製作するよりも、早く・安くできることが多いです。

試作品の用途によっては、向き・不向きもございますので、用途も含めて是非ご相談ください。

光造形 粉末造形
3Dプリント RP工法比較

光造形とは・・・
紫外線レーザーを照射することで硬化する特殊な材料を用いた工法です。
切削加工や他の造形に比べ、早くて安いことから、デザイン検証や形状確認用の試作で好評のある造形法です。また、真空注型のマスターとしても、よく利用されています。

粉末造形とは・・・
粉末状のPA12系材料にレーザーを照射し、材料を焼結させながら積層する工法です。
RP造形品の苦手とする耐熱性・耐久性の面でも優れていることが特長で、カバーケース・保護ケースとしての加工依頼も多いです。

3Dプリントとは・・・
光造形も粉末造形も材料のプールにレーザーを照射し造形する方式ですが、3Dプリントは特定の場所にだけ材料を塗布し固めるといったインクジェット方式です。
突起や曲線が多い複雑な形状・彫刻形状の造形に適しています。

短納期・高品質な試作は渡辺製作所へ!
Return Top